Hiroshi Nakajima Offical Web Site
  栃木県議会議員 中島ひろし
     
決意1.ひとづくり『未来を担う子供たちのために』
子どもにとって家庭は最初の教育の場であり、親は最初の教育者。安心して子どもたちを慈しむことができる環境が「ひとづくり」の最初の一歩を支えます。そこで、幼児教育、義務教育、高等教育など年齢に応じた教育環境の充実、子どもたちの基礎学力の定着強化、健全な身体づくりの推進、「命の大切さ」「他を思いやる心」その中身の充実に努めます。
 
決意2.安心づくり『すべての人々のために』
私たちが暮らす「今」を築いてこられた高齢者の皆さんが、安心して暮らせる地域づくりに努めます。介護施設への待機者解消をはじめ、介護サービスのさらなる充実を図り、ひとりでも安心して暮らせるネットワークを築きます。  障がいを持つ皆さんの生きがいづくりをはじめ、知的・身体・精神障がい等、それぞれの特性に応じた環境整備に努め、施設利用等、費用負担の軽減に努めます。子どもの少ない今の時代に、不妊治療や出産費用の助成拡大や保育サービスの充実等、安心して出産・子育てができる環境づくりに努めます。
 
決意3.まちづくり『郷土のために』
豊かな水と緑に囲まれ、農産物に恵まれた「とちぎ」。食は生きるための基本。
人々の「命」を支える農業。「地産地消」の骨太なシステムづくりに努め、
「とちぎ」ならではの魅力ある農業の推進に努めます。  「災害が少ない」これは
「とちぎ」の大きな魅力です。暮らしやすく、企業活動のしやすい「とちぎ」の
魅力を活かし、企業誘致を推進し、雇用の創出を図り、地元経済の活性化を
目指します。  日光世界遺産をはじめ、多くの観光資源に恵まれた「とちぎ」。
これらのネットワーク化を図り、「観光都市とちぎ」を推進します。
 
決意4.こころづくり『限られた資源と自然を守るために』

「ゴミをまたいで通らない」「ムダなく調理、残さず食べる」
「作ってくれた人への感謝の気持ちを忘れない」、こんな小さな
心がけから環境保護が始まります。  ごみ減量化を推進、
その処理費用の軽減に努め、地域ぐるみの自然愛護活動の
推進など循環型社会の形成に努めます。まずは、
この素晴らしいふるさと「とちぎ」の環境を守り、限りある
資源と恵まれた自然環境の保護に努めます。

 
 
Copyright (c) nakajima .co.ltd.all rights reserved..